「時代を生き抜く力」を子供につけたい

シェアする

人は誰でも使命をもってこの世に生まれてきています。

でも、社会の流れであったり、情報の歪みに触れながら生活しているうちに、どうしても目先の欲や、承認欲求に流されてしまいがちです。

本当は周りの役に立って生きていき、そのために自分の成長を促進して日々過ごしたいという思いがあってもどうしてもお金や役職を目的に行動してしまうようになってしまいます。

それが残念なのかはわかりませんが、人生の本質ではないとみんな薄々気付いてはいると思います。でも今見ている世界と別の価値観に触れないとなかなか気づかないものです。

今はどんな情報でも手に入るようになりました。でも発信者のバイアスがかかっていたりします。

老後に本当に4000万円必要なのか?生命保険会社以外の人が真剣に計算しているでしょうか?

レストランでメニューにないものを注文するのは迷惑だからやめた方がいいのでしょうか?

これからの時代英語は必要なのでしょうか?

お金さえあれば、インターナショナルスクールに入れたらいいんでしょうか?

友達は多い方がいいんでしょうか?

今、親たちは教育の転換期であることをわかっていながら、どの方向に舵を切るべきか悩んでいる状況にあります。学校の勉強では通用しないとわかっていながら、向かうべき方向がわからず周りに合わせている感じに見えます。

私は、子供たちが自分の人生で進むべき道を開拓して、命を燃やせる道を示していきたいと思っています。そのためには大人もそういう生き方をする必要がありますので大人も成長していく必要があります。そうやってみんなが、あるべき生き方を追求していけばもっと素晴らしい世の中になると思っています。

それをロジカルに実現しようとしているのがこちらです↓

これからの時代を生き抜く力をつけつけるということ

内容は幅広いですが、全部を完璧に習得するべきものではないと思ってます。

ただ考え方の基礎を提示することにより、ものの見方が大幅に変化していきます。

結局、「気付き」に触れ、変化していくのは成長していくのは子供自身ですので、周りの大人は良質の知識や体験を提供してあげることしかできないのです。

だから物事を見る新たな軸を見せてあげて次のステップに繋げていきたいなと思います。

これからの時代を生き抜く力をつけつけるということ

シェアする

フォローする